FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

孫とDIYで濡れ縁を作った

2018.08.19 22:42|未分類
夏休みの期間中ずっと泊まりに来ている
小学4年の孫娘が「じいちゃん、次はどこを
リフォームするの」としきりに言う。
わたしが家のリフォームをするのをこれまで
何度か手伝ってくれた孫娘は、キリやカナヅチ、
ノコなど大工道具の使い方を覚え、日曜大工の
楽しさも知ったのだ。

「じゃぁ、次は濡れ縁でも作ろうか」
8畳和室のほうには庭に面してウッドデッキが
あるが、6畳和室のほうには無く、段差が
50cm以上ある庭に下りるのはちょっと不便。
ここに濡れ縁を作れば庭にも下りやすくなる。

さて、どれほどの大きさの物を作ろうか、と迷いつつ
とりあえずホームセンターに行ってみると
うまい具合に床板にちょうどいい板が1枚360円
と特売中。しかも防虫防腐加工済みだ。
迷わずこれを買い求め、これに合わせて他の
部材も買ってきた。

床板   幅9✕長さ183✕厚さ2cm  6枚
脚用角材   9✕9✕100cm  2本
根太用角材 3✕4✕183cm  7本

脚用の角材は長さ30cmほどの物が6本
欲しかったのだが、これが見つからないので
しかたなく9cm角で長さ1mの角材を2本買い、
面倒だがこれを33cmに切断して使うことにした。

濡れ縁1
9cm角、長さ33cmの脚6本を根太材でつなぐ。
より頑丈にするため、太くて長めのネジを使うので
今回は親戚から電動ドライバーを借りてきた。

濡れ縁2
できあがった躯体に木材保護塗料を塗っていく。

濡れ縁3
塗料が乾いた翌日、幅9cm✕長さ183cm✕厚さ2cmの
床板6枚を張っていく。
今回は電動ドライバーなので作業が早い。
わたしは横で「あーしろ、こーしろ」と指示するだけ。
ほとんどのネジを孫娘がひとりで打っていった。

濡れ縁4
そして完成したのが、これ。もう少し低めにしたかったの
だが、まあ、良しとしよう。わたしと孫娘の共同制作で、
制作費は材料代8000円ほど。
孫娘は2日間の手間賃1000円をもらって大喜び。
夏休みの工作の宿題として学校にもっていくには
チョット大きいかもしれないな。


スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

わが田舎町のヒーロー・青木宣親

2017.06.12 23:59|未分類
米大リーグ・アストロズの青木宣親が
2000本安打を記録した。
なにより嬉しいのは、人口わずか6万人の
わが小さな田舎町から生まれたヒーローだ。
このニュースはテレビや新聞で伝えられたが、
わが町のローカル紙は号外で伝えるほどだった。

青木1

青木2

青木3

紙面では青木の少年時代の恩師や少年野球
チームの元仲間たちが彼の偉業をたたえた。

わが宮崎県では若者の流出が止まらないと嘆く。
県内に留まってがんばってくれるのもありがたいが、
かといって、井の中の蛙大海を知らず、になって
それで満足してもらいたくもない。
志ある若者は臆することなく東京など都会へ、
さらには世界へ飛び出して見聞をひろめ、
いずれ故郷に帰ってきて、それまでの経験を活かし、
故郷の発展のためにつくしてもらいたいと思う。





田舎暮らし ブログランキングへ

今売るべきか待つべきか

2015.01.25 17:05|未分類
「年末ジャンボミニの2等が当たったよ」
と、年金暮らしの友人から電話。
「えっ、ほんとか。すごいじゃないか」
「ところがもう1度よく見たら、当選番号は186506と
ピッタリなんだけど悔しいことに組違いなんだよ~」

ジャンボミニの2等は700万円。乏しい年金生活者
にとっては大金で、それを得るか得られないかで残
りの人生が大きく違ってきます。
「今回は幸運の至近弾が落ちたようなもの。次は
1等が直撃するかもよ」と慰めておきました。
私も“もしや”を期待してジャンボミニを50枚買った
のですが、すべて末等の300円。
人生、なかなかうまくいかないもんです。

必要な老後の資金は3000万円とも4000万円とも
いわれます。しかし、わが家にはそんな大金は
ありません。わずかな蓄えは今回の田舎暮らし用
住宅の購入につぎ込んだため貯蓄はほぼゼロ。
さいわいまだ現役で働いているので月々の給料は
入るのですが、住宅ローンのほか集合住宅の管理
費や積立金6ケ月分、駐車場代6ケ月分、固定資
産税、さらには来月に迫った車検、と支払いが目白
押しで、わが家の家計は今チョットした危機状態。

〈なんでも鑑定団〉に出せるような“お宝”はわが家に
無いしな~、と考えていたら若いころに買った金貨が
どこかにしまってあることに気づきました。
探してみると机の引き出しの奥の奥に発見。
img_2292.jpg

30歳代の半ばごろ、といえば世はバブル景気の
まっただ中。いつか役に立つかも、と給料が出る
たびに毎月1枚ずつ買い集めていたもので、
さすがに金貨、30年を経た今もその輝きは
ちっとも衰えていません。
100gに満たないわずかな量ですが、これでなん
とか急場はしのげるかも。

で、いくらで売れるのだろうか、と調べてみたら
現在、金価格は急騰中。日に日に上昇している
ようです。
もう少し待てばさらに高く売れるかもしれないし、
欲を出して先延ばしにすれば、そのうち急落
するかもしれません。
さてさて今売るべきか待つべきか。

金価格推移(田中貴金属工業㈱HPより)


田舎暮らし ブログランキングへ

田舎暮らし物件を購入・その2

2015.01.18 08:11|未分類
暮れも押し迫った昨年12月の下旬、飛行機で九州へ。
そして私の兄、不動産会社の社長と現地で合流し、
物件を見せてもらいました。

これまで見てきた格安の中古物件といえば、山間僻地の生活に不便な所にある空き家だったり、あるいは市街地に近くても極狭住宅だったり、古過ぎて相当な修繕が必要な住宅だったりして、なかなか買う気になれませんでした。
しかし今回の物件は違います。1500万円、2000万円してもおかしくないほどの好物件です。

img_2136.jpg


不動産会社社長の話によると、この物件を店頭やネットで広告してから数件の問い合わせがあったそうですが、「先客がいるからその後でなら」と、すべて断ってくれたそうです。先客とは私のことです。

仕事から帰れば毎日欠かさず、この町周辺の不動産会社のホームページをくまなく閲覧して田舎暮らし物件を探していた私ですから、この物件が出て最初に手を上げたのも私だったわけです。
以前、ある不動産会社の人が言っていました。いい物件を手に入れるにはタイミングが重要だ、と。
まさにその通りになりました。

この物件を見つけてから、まず兄に見に行ってもらったのですが、兄はそれから不動産会社に値下げ交渉をしてくれていました。田舎は狭いもので、その話のなかで偶然にも、私の兄と不動産会社社長に共通の友人がいることがわかりました。それが効を奏したのでしょうか、社長は売主に対して積極的に値下げ交渉を進めてくれたようで、100万円の値下げに成功したとのこと。さらに嬉しいことに、売主と買主との個人間の売買のため、50万円ほどになると覚悟していた消費税は発生しないとのこと。
ラッキーの連続で、ただでさえ安いと思っていた物件が結局、さらに150万円安くなりました。
不動産会社に支払う仲介料や移転登記費用(司法書士報酬など)を加えても総額700万円以下の支払いです。
さっそくその日のうちに不動産会社より重要事項説明を受け、帰ったらすぐに手付金を振り込むことを約束し、仮の売買契約を結んできました。
2月初旬に再度、不動産会社を訪れて残金すべてを支払ってから晴れて売買契約の成立です。

田舎暮らし ブログランキングへ

田舎暮らし物件を購入・その①

2015.01.11 16:55|未分類
1年以上も前から毎日欠かさず、インターネットで
格安の中古住宅探しを続けている私。
昨年12月、久しぶりに格安の中古物件が出ました。
価格は750万円。詳しく見ると、市街地からそう離れ
てなくて、約80坪の敷地に鉄筋コンクリート造5DK
の2階建て。公共の上下水道につながっていて、
トイレはウォシュレット付き。キッチンをはじめどの
部屋も価格の割にはきれいなようです。
また大きなスーパーマーケットや医療機関も近くに
あり、生活には便利そうです。
img_2139.jpg

さっそく田舎の兄に物件を見に行ってくれるよう電話。
兄が暮らす家(実家)から物件まで車30分ほどです。

翌日、見に行ってくれた兄から電話。
「あの家は買ったほうがいいよ」

定年退職まであと10ケ月を切りました。これまでの
経緯からみても、この間にこれ以上のいい物件が
出るとは思えません。
急ぎ不動産会社に電話。遠く離れた首都圏に住
んでいるため、すぐに見には行けないが、必ず
今月中に物件を見に行くので、他の人に買われ
ないよう押さえておいてほしい、と伝えました。

田舎暮らし ブログランキングへ