01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

めったに降らない雪が

2018.02.12 17:27|写真 風景・自然
「じいちゃーん、雪が積もってるよー」
泊まりに来ている孫たちの声に起こされ窓の外を
のぞくと、粉砂糖をまぶしたように庭が真っ白に
なっている。昨夜チラチラと降ったようで、気温も
マイナス2~3度まで下がっていたので融けずに
残ったのだろう。

庭の雪1

霜が降ったていどのわずかな雪でも宮崎の平野部に
雪が降るなんてめったにないこと。雪国の人に笑われ
そうだが、雪を見たことがない孫たちにとって大事件だ。
それも日が昇ると、まもなく融けてしまった。

海1

空からの太陽の光に加え、海に反射した太陽の光、
と2つの太陽に照らされ、日陰をつくるようなビルが
ほとんどない平板な田舎町はたちまち暖かくなるのだ。

スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

サーフスポット金ヶ浜海岸

2018.01.20 22:45|写真 風景・自然
今年の冬は全国的に、いつになく寒さが厳しいようだ。
ただわが町は、寒いとはいってもめったに雪は降らない。
雪が降らないどころか、1年中サーフィンができるほど暖かい。
北国の人には申し訳ないが、その点、恵まれた環境だ。

金ヶ浜
写真はわが町のサーフ・スポットのひとつ、金ヶ浜海岸。

温暖な太平洋に面したわが町には3カ所のサーフ・スポットがある。
ひとつは先日、孫と遊んだ伊勢ヶ浜。
伊勢ケ浜
ただここは小さな入江になっているので波は大きくない。

もうひとつは、幅200m,、長さ4kmの砂浜が広がるお倉ヶ浜。
ここでは昨年の秋、世界ジュニアサーフィン選手権大会が
開催された有名スポット。
お倉ヶ浜1

1年中サーフィンが楽しめることから東京・大阪はじめ
全国各地からわが町に移住してくるサーファーも多い。
過疎化がすすむ地方の町にとってありがたいことだ。

これらサーフスポットがある海岸に並行して走る国道10号。
あと数年で70歳をむかえる年金生活ながら、アルバイトで
弁当の配達をしている私は「いつか自分もサーフィンをやってみたいなー」と夢見ながら今日もクルマで南へ北へと走り回っている。


田舎暮らし ブログランキングへ

ふるさとの魅力を再認識

2017.05.24 17:34|写真 風景・自然
へぇ、こんな所があったのか。知らなかったな。
と最近、ふるさとの魅力を再認識している。

リアス式海岸がつづく日豊海岸国定公園。
その入江のひとつに位置する北浦町は、
昔から沿岸漁業の盛んな小さな漁師町。
と思っていたら、それだけではないらしい。
町の後背にある山の上の斜面に茶畑が広がり、
青い海と白い砂浜、そして緑の山々の織りなす
光景がすばらしい、と「美しい日本のむら景観
コンテスト」で受賞したり、「にほんの里100選」に
選定されたりして、このところアマチュアカメラマン
はじめ多くの人々に注目されているらしい。

ならば、元市民である自分も一度は見ておかな
ければと出かけてみた。
北浦町は高校時代の元同級生が暮らす町だが
今回、そこに立ち寄るのはパスして一路山上へ。
対向車とすれちがうのも難しいほど狭くて曲がり
くねった山道を登ってようやく辿り着いた。
北浦町1

天気も良かったこともあり、確かに魅力的な風景だった。
一番茶の摘み取りが終わったあとなので茶畑の緑に
一部くすんだところがあるのは残念。
さらに私のカメラのウデもイマイチなので
ブログ「ひとりぼっちで日本一周ドライブ」さんが
以前に訪れて撮られた写真をご紹介。
「ひとりぼっちで日本一周ドライブ」


シニアライフランキング


田舎暮らし ブログランキングへ