FC2ブログ
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

ワンコ用のくず古米

2018.11.04 15:35|
新米が穫れたから取りに来いよ、と米農家を
営む中学時代の元同級生から連絡があった。
いつもなら30kg入り玄米を4袋分けてもらうのだが、
今年はあいついで襲来した台風の影響で収量が減り、
わたしの分は3袋しかないという。それでも
一人で田植えから草取りなどと苦労して育て
やっとのことで収穫した米を安く分けてもらえる
のは、ほんとにありがたいことだ。

とりあえず1袋だけ引き取り、残り2袋は低温
貯蔵庫で保管しておいてもらうことにした。

分け前が少なかったその代わりというわけではないが、
昨年のくず古米が残っているのでワンコのご飯用に
もっていけという。こちらは35kgほど入った玄米が
1袋2000円でいいというので3袋もらってきた。
古米1

古米2
くず古米といえど新米と遜色ない

わが家のワンコは体重16kgほどの雑種の中型犬。
はじめの頃はドライタイプのドッグフードを与えて
いたが、カラダに合わないのかあまり食べなくなった。
それで今は、安く買ってきた地魚や鶏肉(都会にくらべ
驚くほど安い)、キャベツなどの野菜を細かく刻み、
油・調味料なしでライスといっしょにチャーハン風に
フライパンで炒めて与えている。
これはうまいのか、飼い主以上にガツガツとよく食べる。
高タンパクで、EPAやコラーゲンもたっぷりの
ヒトもうらやむヘルシー食である。

それを聞いた元同級生が「人間と同じ米を食べさせる
のはもったいないよ」とくず古米を分けてくれたわけだ。

このくず古米を1袋だけ精米してきて炊飯器で炊き、
試しにわたしも一口食べてみたが、ワンコ用に
するのはもったいないほどうまかった。

古米3
「それより、はやく散歩に行こうよー」



犬との暮らしランキング
スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

同じ穴の○○○

2017.08.16 19:03|
東京をはじめ関東地方は8月に入ってから連日
の雨で、予想外の涼しい夏になっているようだ。
一方、私の暮らす地域は降りそうで降らず、
盛夏らしい猛暑つづきで、まったくイヤになる。
ワンコも夏バテ気味なので、午前中は家の西側、
午後は東側へ、と日陰を追って移動の毎日だ。

先日の午後、東側に繋いでいるワンコがやたらと
吠えるので行ってみると、フェンスごしに隣家の
物置の床下にむかって吠えている。
ムジナ1

いつもはおとなしいワンコだが、やはり猟犬の血が
騒ぐのか、こんなときは人が変わったように、いや
犬が変わったようにいきいきとしてくる。

はたして猫でも入り込んだかなとおもい、フェンスの
間からカメラを差し入れてみたら何かがゴソゴソ。
ムジナ2

さらにシャッターを切ろうとした瞬間、カメラに向かって
飛びついてきた。
「うわっ」と驚いてのけぞりながら撮ったのがこの写真。
ムジナ3

タヌキのようでタヌキでなく、イタチのようでイタチでない。
あとでこの写真を近所のオジサンに見せて訊くと
「こりゃー、ムジナじゃがぁ。スイカが実る頃んなっと
山から下りち来っとよ。うちん方んスイカも去年、
こんムジナに喰われてしもうたっちゃがぁ」

“同じ穴のムジナ”というが、私はずっと想像上の動物
だとばかりに思っていた。
ネットで調べてみると、地方によって違うが、どうも
アナグマのことらしい。私が撮った写真を見ても
たしかにアナグマのようだ。
タヌキと似てはいるがタヌキはイヌ科、アナグマは
イタチ科で、まったく別物ということである。
家のまわりをこんなのがウロウロしているのも
気持ちのいいものではないが、まぁ、ヒトを襲う
ヒグマやツキノワグマに比べれば
こちらは小さくて、かわいいものだ。

「たぬき・むじな事件」




犬との暮らしランキング


シニアライフランキング

田舎暮らし ブログランキングへ