12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らし ブログランキングへ

ふるさとの山はありがたきかな

2016.01.26 16:23|田舎暮らし
ふるさとの山に向ひて言ふことなし
ふるさとの山はありがたきかな
                (石川啄木)

47年ぶりの帰郷。そこに暮らす人々は変わっても
変わらないのは故郷の山や川。
子どものころ遠望した山々の稜線は昔のまま。
言いようのない親しみを感じます。
人生の最後はやはりこの山々の土の一部
になって静かに眠りたい。
そう想うと、なぜか心も落ち着きます。

しかし、ふるさとの山といえど10kmも先。
子どもの足では遠く、いつも遠望するだけで、
すぐ近くまで行ったことがありませんでした。
が、大人になった今はクルマがあります。
そうだ、あの山の下まで行ってみよう。
というわけで、初めてその山の麓まで行ってみました。

行縢山

行縢山(むかばきやま)。それほど高くはなく標高は829.9mですが、屹立する岩肌むきだしの断崖絶壁には圧倒されます。
ロッククライミングやボルダリングをやる人なら、
一度は登ってみたくなるのではないでしょうか。
左が雄山で、右が雌山。その間の奥に、日本の滝百選に
選定されている高さ76.6mの行縢の滝が見えます。

その異様な山容に怖れを抱いた古代人は
これらを御神体として崇め、断崖のすぐ下に社を構えます。そして今から1300年ほど前の養老2年(718年)に紀州・熊野大社からの分霊をうけ、今に至るのが樹齢300年といわれる杉木立に囲まれた行縢神社。

行縢神社

今回はここまででしたが、滝や山頂をめぐるハイキング
コースもあるようなので足腰の元気なうちに機会をみて
次は山頂まで行ってみようと思います。



シニアライフ ブログランキングへ
スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

椎葉村の菜豆腐

2016.01.18 13:57|田舎暮らし
「さあ、今日はなにをしようか」
これが最近のわが家の朝のあいさつ。
家の修理やペンキ塗りはおおかた終わったし、
畑しごとは気候が暖かくなるまで一時中止。
で、やることがない。

近所のお年寄りが訪ねてきて
「グラウンドゴルフの仲間に入りませんか」
と声をかけてくれるけど、まだそんな歳じゃない。
同級生が「いっしょにゴルフやらないか」
と誘ってくれるけど、根っからの無趣味人間で
ゴルフというものをやったことがなく、
せっかくの誘いも断るしかない。
パチンコなどギャンブルは好きではないし、
海釣りに行くにはまだ寒い。
結局、あと、田舎で暇つぶしとなると
ショピングセンターに行ってブラブラするくらい。

というわけで、なにかおもしろい物はないかな
とJAの直売所に出かけてブラブラ見て回っていたら、
こんなのを見つけたので試しに買ってきました。

菜豆腐

なにやら赤や緑のものがプチプチ入った豆腐です。
聞けば、「椎葉村の菜豆腐」で1週間に1度の入荷とか。
椎葉村といえば熊本との県境に位置する山深いところにあり、平家の落人が隠れ棲んだと伝わる山村です。
そこで昔から祭りや冠婚葬祭のときに作られてきた郷土料理のひとつで、大豆が貴重だった時代、量を少しでも増やすため、人参や大根、カブの葉、ほうれん草などを細かく刻んで入れたのだそうです。そのまま醤油やユズ味噌で食べたり、煮しめにして食べるとか。
わが家ではジャガイモや人参といっしょに煮しめにし、いにしえの人々の苦労をしのびながらありがたく味わいました。

酢ごぼう

こちらはいっしょに買った「酢ごぼう」
酢を入れて甘辛く煮たものらしく、
やわらかくて、けっこう美味でした。


シニアライフ ブログランキングへ


田舎暮らし ブログランキングへ






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。