FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

わが小さな町で世界大会が

2017.10.01 21:28|田舎暮らし
2020年東京オリンピックの新種目のひとつに選ばれたサーフィン。その3年後のオリンピック出場をめざすジュニアサーファーたちが集結しての世界ジュニアサーフィン選手権が9月23日から9日間にわたってわが町で開催された。
集まったのは日本をはじめ世界41カ国・地域から18歳以下のサーファー306人。いずれも国を代表する若き精鋭たちだ。
ジュニア1
日向市・お倉ヶ浜に設置された大会本部と選手村。

ジュニア2
天候にも恵まれ人出もまずまず。

ジュニア3
グルメ・ショップや関連グッズ店なども出てお祭りのようなにぎわい

ジュニア5
特設ステージでは地元のフラ・グループがいろどりを添え

ジュニア6
チビッコたちがさらに大会を盛り上げた。

ジュニア7
幅200m前後の砂浜が南北4kmにわたってつづくお倉ヶ浜。

ジュニア8
市民が応援するなか各国代表が技を競い合った。
ジュニア9

ジュニア10

ジュニア11

ジュニア12

ジュニア13
各国代表ジュニアと同年代の地元ジュニアとの交流も

今大会に参加した選手やコーチなどからは、「お倉ヶ浜は気候が温暖で浜もきれい」「波も大小変化があって攻略のしがいがある」「ここの波でまたひとつ成長できた気がする」(新聞記事より)などなど高評価を得たようだ。
大会を主催した国際サーフィン連盟のアギーレ会長も
「日向市は小さな町だが市民がとてもフレンドリー。これは大都市では難しいこと。各チームの選手が競技会だけでなく、さまざまなイベントに誘ってもらい地元の人と交流することができたことは、とてもすばらしいこと。今後も国内大会や国際大会をどんどんやってほしい」(新聞記事他より)などと満足気なコメントを発している。
市民としても嬉しいかぎりだ。
3年後の東京オリンピックの前にも、練習場所として
ぜひ各国のチームに来てもらいたいものだ。

なお大会期間中、市内のホテル・民宿などはすべて
選手やスタッフの宿泊先としてほぼ満室状態だった。
経済効果も大きかったことは間違いない。

●2017世界ジュニアサーフィン選手権PR動画

●お倉ヶ浜サーフタウンPR動画

●サーフタウン日向市PR動画


スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

非公開コメント