FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

ささやかなイルミネーション点灯式

2017.12.02 23:15|田舎暮らし
今朝は最低気温3℃と冷え込んだ。
12月に入って寒さが厳しくなるとともに
市内でも駅前、商店街など各地で
ささやかなイルミネーションが点灯している。
このところの師走の年中行事だ。

今日は市内の道の駅に併設されている温泉施設
で夕方、イルミネーションの点灯式が行われ、
ぜんざいのふるまいや抽選会もあるというので
入浴と食事かたがた、女房と出かけてみた。

市の中心部から南へ約10kmの国道沿い。
駐車場がいっぱいになるかも、と30分ほど
早めに行ってみたが、すでに200人ほどが。

副市長の挨拶のあと、近くの幼稚園児による太鼓演奏。
イルミネーション1

イルミネーション2

西空に落ちる夕日をバックに、小さなカラダで打ち鳴らす
太鼓の音。これは思った以上に力強く、躍動的だった。
自身も同じ年ごろの孫がいるので、はたして、うちの
孫たちはこんなことできるだろうか、と感動してしまった。

そのあと、参加した幼稚園児代表と副市長による点灯式。
ふたりが合わせてスイッチボタンを押すとともに、点灯。
イルミネーション3

会場に集まった老若男女からいっせいに拍手が起こった。
都会の豪勢なイルミネーションにく比べればささやかだが、
この町に暮らす人たちにとっては一大イベント。

つづいて、豪華?商品が当たる抽選会。
残念ながら、わが家は、すべて、は・ず・れ。
せめてもと、無料のぜんざいのふるまいにご相伴。

このあと、岩礁に打ちつける波音を聞きながらの
露天風呂に入り、隣接のレストランで地魚や
地野菜など地元食材を使った料理をいただき、
ささやかな、ささやかな、幸せ気分に浸った次第。


シニアライフランキング

スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

非公開コメント