FC2ブログ
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

漢字が書けなーい

2017.12.24 15:04|趣味
定年退職後の暇つぶしにと、この夏から
隣市のカルチャーセンターが開いている
古文書入門講座の仲間に入れてもらっている。
隣市は元7万石の城下町で、私の生まれ故郷。
この地に残された古文書を読み解き、その昔、
私の故郷に生きた人々はどんな暮らしをして
いたのかを知りたいと思ったからだ。

講座は月1回で、夜7時から2時間。
聴講生は定年退職後のヒマを持て余している
ような60~70代の男女30人ほど。
古文書1
田舎の書店で専門書の類を置いているところは少ない。けっきょく、送料・代引き手数料
込みのネット通販による高い買い物になってしまう。


古文書といっても戦国時代以前の紙の記録は
元々少ないうえ、多くが戦乱で焼失している。
だから残っているのは江戸時代のものが大半だ。
農民の生活、村のおきて、商家の奉公人の暮らし、
寺小屋での教育、夫婦間のきまり、家の財産と
相続、御触書、十手持ちの任命、武士の心得、
大名の借金、藩の財政、旅の楽しみなどさまざま。
もし自分がこの時代に生きていたら、どんな暮らし
をしていただろうかと重ね合わせてみると、古文書
を読み解いていくのもなかなか興味深い。

古文書2

ただ、講座に通いはじめてからわかったのだが
古文書に書かれている文字は当然ながら旧漢字。
しかも毛筆で、おもいっきりのくずし字。それも
書き手によりそれぞれクセがあるので、それを
読み解くのは難解このうえない。
やはり古文書を読み解くのは一筋縄ではいかない
と納得したのだが、問題はそれだけではなかった。

古文書3

講師から「これを現代文に書き直して」と課題。
さてさて、ボールペン片手に原稿用紙に向かう。
運輸のユ。書こうとして、はて、ユは車ヘンに
右側は? こうだったかな? いや違う。
所属のゾク。こう書いて、この中は? この1本棒
はあったかな? あれぇ、わからない。
古文書どころか、今の漢字が書けないのに愕然。

このところパソコン依存で、ペンで文字を書く
ことがほとんどない。せいぜい宅配便の受け取り
に自分のサインを書くぐらいだから、漢字が書け
なくなるのも当然だ。
これじゃ古文書の勉強以前に、小学生の孫と
いっしょに漢字の書き取りからはじめなければ。


シニアライフランキング

スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

No title

突然の訪問、失礼いたします。
私はこちら⇒b--n.net
でブログをやっているきみきといいます。
色々なブログをみて勉強させていただいています。
もしよろしかったら相互リンクをお願いできないでしょうか?
「やってもいいよ」という方はコメントを返してくだされば、
私もリンクさせていただきます。
よろしくお願いします^^

Re: No title

コメント、ありがとうございます。
ただ、そちら様の正体がよく分かりません。
プロフィールなど寄せていただければ……
非公開コメント