FC2ブログ
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

新潟の山で遭難した親子のその後は

2018.05.10 23:49|ライフ 日記
小さな子どもを孫として持つジジイとして
どちらも痛ましい出来事だ。
「もし、わが家の子だったら」と考えると
居ても立ってもいられない。

小学2年生の大桃珠生(たまき)さん(7)の
遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件。
わが家にも小学4年生のほか、この春1年生に
なったばかりの孫娘がいる。
「もし知らないオジサンがアイスを買ってくれる
と言っても、ゼッタイついて行くなよ」
と諭しているのだが、はたしてどうか。

それはそうとして、奇しくも同じ新潟県の事。
阿賀野市の五頭連峰に登山に出かけたまま
行方が分からなくなっている親子。
たまきさん事件の陰に隠れて、その後の情報が
伝わってこない。
37歳の親と小学1年生の親子といえば
わが家の息子・孫とほば同世代で
他人事とは思えない。

わたしが暮らす九州の山ならそれほど心配ない。
子どものころからワンコとともに山の中を走り回って
いた。気候は温暖だし、ヤマイチゴや木の実も豊富。
冬眠から覚めたばかりの腹をすかせたクマもいない。
もし山中で迷子になっても生き延びる自身はある。

が、新潟の山中はどうなんだろう。
雨も降ったというし、気温も低いという。
「無事に発見」というニュースを早く知りたいものだ。


60歳代ランキング
スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

非公開コメント