10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らし ブログランキングへ

忍びよる老化

2014.11.24 13:56|ライフ 日記
先日、仕事場の階段を下りきったところでよろめいて
前のめりに倒れ、両膝と顔面を硬いコンクリートの床に
おもいっきりぶつけてしまいました。
あまりの痛さにしばらく立ち上がれずにいた私を見て
いた若い同僚が哀れみの表情で発したことばは
「大丈夫ですか? それは老化現象ですよ」

img_2121.jpg

悔しいけれど、確かに老化現象です。
以前なら段差につまずいて倒れそうになっても
両足がすばやく反応して倒れるのを回避できた
のですが、今回は回避しようとした足に力が入らず
膝が崩れるように前のめりに倒れてしまいました。
反射神経の鈍化、そして筋力の低下は否めません。

若いころはオホーツク海の荒波に大揺れの漁船で
踏ん張って足腰を鍛え、中年のときは片道9kmの
道のりを自転車通勤で10数年。歯医者以外は
病院というところに行ったことがないほど病気知らず。
毎年の健康診断で身体に異常が見つかったことはなく
「今の生活をそのままズウーっと続けてください」
と医者に太鼓判を押されるほどの健康体。

そんな私にも老いがひたひたと忍び寄っていました。
昔から「老化は足から」と言われています。
最近はロコモティブシンドローム(運動器症候群)
ということばがあります。
日頃から運動することを怠っていると、骨や筋肉、
関節など運動器が衰え、やがて歩行や日常生活に
障害がでるようになり、はては車いす生活、さらに
は寝たきり状態になって老後が悲惨なものになって
しまう、というのです。

世界でもトップクラスの長寿大国といわれる日本。
まだまだ先は長いのだから死ぬまではピンピンと
元気でいたいもの。さあ、森光子さんじゃないけど
明日から毎日?100回のスクワットをして足腰を
鍛えなければ。
スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

非公開コメント







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。