FC2ブログ
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

住まいと固定資産税

2014.03.23 17:46|田舎暮らし
インターネットを通じて田舎暮らしのための中古物件を
探していますが、なかなか適当な物件が見つかりません。
資金さえ潤沢にあればいくらでも物件はあるのですが、
用意できる資金は限られています。かといって安かろう
悪かろうではせっかくの田舎暮らしが台無しになってし
まいます。慎重に慎重にじっくり見極め、これだっ、とい
う自分が理想とする物件が現れるまで探しつづけるつ
もりでいます。

そんな折、「2014年公示地価」が発表されました。
それによると東京、大阪、名古屋の3大都市圏は6年
ぶりに上昇したものの、全国的にみると住宅地、商業
地とも6年連続の下落だそうです。

公示地価

もっと詳しく見てみますと、いま自分が暮らしている
地域(東京近郊)の地価はわずかに上昇しています。
一方、これから移り住んで田舎暮らしをはじめようと
している地はというと、もともと今のところと比べ10
分の1ほどの地価なのですが、それがさらに下落し
ています。人口流入がつづく都会と過疎化が止まら
ない地方。格差は地価においても開いていくばかり
です。

なぜこんなことを書くかというと、住んでいる所の地
価が固定資産税に反映されるからです。
現在わたしは、年間に8万円ほどの固定資産税を
納めていますが、これに比べ地価が10分の1ほど
の所に住むと固定資産税はどれくらい納めることに
なるのでしょうか。

地方の自治体にとって固定資産税は、頼りにする
大きな収入源のひとつ。だから地価の下落は歓迎
されざることなのですが、納めるほうにとっては少し
でも固定資産税が下がるのは嬉しいかぎり。乏しい
年金暮らしになればなおのことです。
スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

非公開コメント