10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らし ブログランキングへ

休息は、まだ先の先

2017.05.04 20:55|田舎暮らし
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」
と相変わらず高齢者の自動車事故が多い。
わが町でも数日まえ、高齢者の車が
書店に突っ込む事故があったばかりだ。
自身も高齢者の域に入っているので
いつの日か自分も同じような事故を
起こさないとも限らない。
転ばぬ先の杖で、いままで乗っていた車が
車検をむかえたのを機に、より安全な車に
乗り換えることにした。

いままで乗っていた車は10数年前に中古で
買った車だ。5年ほど前にはエンジンが壊れ、
これも中古のエンジンと交換した。
人間でいえば心臓移植手術だ。
そんな満身創痍の老体にもかかわらず、
田舎暮らしを始めるときに私たちふたりを
乗せて九州までの陸路1450kmの道のりを
あえぎあえぎ走ってくれた。
そんな、人生を共にしてきた愛車とお別れ
するの辛いが、背に腹は代えられない。

新しい車を注文して約2ヶ月半、
ようやく新しい車が届いた。
前面にカメラ&レーザーレーダーが付いている
ほか、車体の前後左右に計4つのカメラがあって
周囲を監視し、ふらつき警報機能、車線逸脱警報
機能、誤発進抑制機能、バックモニター、そして
あわやというときに自動でブレーキが効いて
衝突を回避してくれる機能などなど、最新の
さまざまな安全装備が搭載された車だ。
クルマ1

これで完璧というわけではないが、いくらか
安心して車を運転することができる。
ただ困るのは操作するボタンが多すぎて
使い方がよくわからないこと。
スマホやデジカメさえ使いこなせないのに
はたしてこの車を乗りこなせるのか。
ともかくボタンを触らなくとも全ての安全
装置が自動で機能するようディーラーの
技術者に設定してもらったのだが。

定年退職後にいつかは車を買い替えなければ
ならないだろうと、その資金は残しておいた。
今回その資金を使ったので貯えはほぼ
スッカラカンに。
今後、病気になったり介護が必要になったとき
のための費用も用意しておかなければならない。
世間はゴールデン・ウイーク中だが、
私に人生の休息は、まだ先の先。
明日もがんばってパートの仕事に出て、
老後の資金をコツコツ貯めていかなければ。


シニアライフランキング


スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

No title

ダッシュ周りを見ただけでも、なんか凄そうな車ですね。
車には無関心で、しかも既に運転免許を自主返納した私にはよくわかりません。

>明日もがんばってパートの仕事に出て、老後の資金をコツコツ貯めていかなければ。

我が家は年金所得だけです。
①.元サリーマンが年金を受け取りながら働いた場合、年金の受取額が減らされるので損するという事を聞いたためです。
②.しかし一方、働いて年金を払い続けることで、受取開始後の時給額が増えるという話題を聞いたことがあります。
どちらが正しいのか(?)は知らないままに過ごしています。
いずれにしても、免許も無い私は既に労働者として不要でしょう

マイナンバー添えで申告

コメントありがとうございます。
私の場合、会社員になって拘束されるのがイヤだったので、大学を卒業以来ほとんどを趣味の延長みたいな仕事をして暮らしてきました。何度か会社員にもなってみたのですが息苦しくて1~2年ともたず、いちばん長かったのが61歳から65歳の定年退職までの5年間。そんなキリギリスみたいな生活をしてきたので当然、退職金もなく年金も微々たるもの。
さいわい物価の安い田舎での暮らしを始めたことで女房の年金と合わせてなんとか暮らせています。
パートでの稼ぎは小遣いと将来への備え。その額もたいしたことはないので申告しなくていいだろうと思っていたのですが、
今年から事業主はパートを含め全従業員への報酬額をマイナンバーを添えて税務署に申告しなければならなくなったようで、昔のようにごまかしはできなくなったようです。
まあ、財政の厳しい田舎の自治体に市民税も払えないような高齢者が転入してきては自治体としても迷惑でしょうから、多少の市民税は払ってもいいかなとは思っていますが。酒税とたばこ税は今なお、そうとう納めております。
非公開コメント







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。