10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田舎暮らし ブログランキングへ

能がない定年退職後の暮らし

2017.06.25 21:28|田舎暮らし
20代の頃からのつきあいがある友人から
さくらんぼが送られてきた。

さくらんぼ

後日、旅先から電話があった。
「山形に行ったら美味しそうなのを見つけたから
送っておいたよ。九州では珍しいだろうと思ってね」

彼は生涯独身で、両親が亡くなったあと独り暮らし。
定年退職後、バイクで全国の古城めぐりを楽しんでいる。
長期の旅はせず、せいぜい2泊か3泊だという。
半年ほど前は、福島からリンゴを送ってくれた。

定年退職後に旅を楽しんでいる人は多いようだ。
わが町にある道の駅にも県外ナンバーのバイク、
乗用車、キャンピングカーがよく停まっている。
たいがい私と同年代の男性、あるいは夫婦だ。
先日は自転車で日本一周をしているという70歳
ぐらいの男性が立ち寄っていた。話しをきくと、
「ルートも目的地もないよ。ただタイヤが向いた方に走ってるだけだよ」
それもまた、贅沢な時間の過ごし方かもしれない。

ひるがえって自分はどうか。
若いころから、これといった趣味がない。
生まれ故郷近くに帰り、元同級生たちに「ゴルフやろう」
と誘われ「やったことないんだよ」と一度断ったら、
それ以来、なんの連絡もない。
かといって独りノンビリ釣り糸を垂れる心の余裕もないし、何かで社会貢献ができるほどの経験もない。
田舎暮らしをはじめたといっても、都会生活と変わらず小銭を稼ぐためにパートで時間に追われる毎日。
これでは、あまりにも能のない
定年退職後の暮らしではないか。


シニアライフランキング
スポンサーサイト

田舎暮らし ブログランキングへ

コメント

なんのなんの

>パートで時間に追われる毎日

パートして外出するだけ立派なものです。
かく言う私は、なんにもしていませんので、完璧に能無しです。
テレビで見ると、なんとなく行った気になってしまう正確なので、殊更出かけたい気にもならないという困った奴です。

そう言えば

伝べえさんの所は、大分の地すべりしている所から離れているのですか?
気をつけましょう

Re: なんのなんの

ありがとうございます。
あまりに無為な毎日なので、今週から生まれ故郷の
延岡市の教育委員会文化課が開催する「古文書解読講座・初級偏」
に通うつもりです。城下町・延岡に遺された古文書を読んで
江戸時代の延岡の人々はどんな暮らしをしていたのかを探る講座です。
またブログにて報告いたします。

大分の彼の地とは離れています。
ただ、わが市は90%ほどが山間部なので、大雨による土砂崩れなどが心配です。

非公開コメント







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。