07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

伝べえ

Author:伝べえ
もう帰ることはないだろう。高校卒業と同時に逃げるように田舎を飛び出して上京した私。それから40余年、それなりに都会暮らしを楽しんできたのですが、老いが進むにつれ次第に故郷の山や川、小中学校時代の同級生の顔が懐かしくなってきました。

最新記事

最新コメント

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

人気ブログランキング

七変化

2017.06.15 16:34|田舎暮らし
とっくに梅雨に入ったのに、いっこうに雨が
降らない。はて、今年はカラ梅雨か。
やはり梅雨時は梅雨時らしく、シトシトと
降ってほしいもの。なにせ、まだ6月だというのに
真夏のように暑すぎるではないか。

夕方、日差しが弱まってからワンコと散歩を
していたら、土手に不思議な花が。
赤、オレンジ、ピンク、紫など色とりどりの小さな花が
まるでアジサイのように咲いて、直径わずか4cmほど。

ランタナ1

ランタナ2

ランタナ3

ランタナ5

ランタナ4


ランタナ6

あまりにも可憐で魅力的な花だったので、マクロレンズを
持ってきてパチリ。帰って写真を女房に見せたら、
「あら、ランタナよ。花屋さんでも売ってるじゃない」

ネットで調べてみると、南アメリカ原産の花で和名を
七変化(しちへんげ)というそうだ。その名のとおり
時間がたつごとに花の色が変化していくらしい。

また丈夫で繁殖力も強く、野生化するとその地域の
原生種を駆逐してしまう恐れがあるため、セイヨウ
タンポポとともに「世界の侵略的外来種ワースト100」のひとつに数えられているのだとか。
こんなかわいい花が[世界のワースト100]とはネ。



シニアライフランキング


田舎暮らし ブログランキングへ

エンドウ豆を収穫

2017.05.14 11:15|田舎暮らし
つい先日までは薄っぺらかったエンドウ豆。
エンドウ豆1

このところの雨と暑さでいっきに膨らんだので収穫。エンドウ豆2

ちょうど遊びに来ていた4歳の孫娘が、小さなお手々で
豆剥きを手伝ってくれた。
エンドウ豆3

「うわぁ、こんなにいっぱいとれたよ~」
エンドウ豆4

さっそく半分はタケノコと炊き込みご飯に。
残りの半分は、これもタケノコ(古参竹)といっしょに
かんたん煮物にしてみた。
エンドウ豆5

となりのツタンカーメンの豆もどんどん膨らんできた。
エンドウ豆6

サヤの紫色はポルフェノールの一種で、ピンクの
炊き込みご飯ができるというので、これも楽しみ。


シニアライフランキング




田舎暮らし ブログランキングへ

休息は、まだ先の先

2017.05.04 20:55|田舎暮らし
「アクセルとブレーキを踏み間違えた」
と相変わらず高齢者の自動車事故が多い。
わが町でも数日まえ、高齢者の車が
書店に突っ込む事故があったばかりだ。
自身も高齢者の域に入っているので
いつの日か自分も同じような事故を
起こさないとも限らない。
転ばぬ先の杖で、いままで乗っていた車が
車検をむかえたのを機に、より安全な車に
乗り換えることにした。

いままで乗っていた車は10数年前に中古で
買った車だ。5年ほど前にはエンジンが壊れ、
これも中古のエンジンと交換した。
人間でいえば心臓移植手術だ。
そんな満身創痍の老体にもかかわらず、
田舎暮らしを始めるときに私たちふたりを
乗せて九州までの陸路1450kmの道のりを
あえぎあえぎ走ってくれた。
そんな、人生を共にしてきた愛車とお別れ
するの辛いが、背に腹は代えられない。

新しい車を注文して約2ヶ月半、
ようやく新しい車が届いた。
前面にカメラ&レーザーレーダーが付いている
ほか、車体の前後左右に計4つのカメラがあって
周囲を監視し、ふらつき警報機能、車線逸脱警報
機能、誤発進抑制機能、バックモニター、そして
あわやというときに自動でブレーキが効いて
衝突を回避してくれる機能などなど、最新の
さまざまな安全装備が搭載された車だ。
クルマ1

これで完璧というわけではないが、いくらか
安心して車を運転することができる。
ただ困るのは操作するボタンが多すぎて
使い方がよくわからないこと。
スマホやデジカメさえ使いこなせないのに
はたしてこの車を乗りこなせるのか。
ともかくボタンを触らなくとも全ての安全
装置が自動で機能するようディーラーの
技術者に設定してもらったのだが。

定年退職後にいつかは車を買い替えなければ
ならないだろうと、その資金は残しておいた。
今回その資金を使ったので貯えはほぼ
スッカラカンに。
今後、病気になったり介護が必要になったとき
のための費用も用意しておかなければならない。
世間はゴールデン・ウイーク中だが、
私に人生の休息は、まだ先の先。
明日もがんばってパートの仕事に出て、
老後の資金をコツコツ貯めていかなければ。


シニアライフランキング



田舎暮らし ブログランキングへ

イペーの木の花が満開

2017.04.30 21:46|田舎暮らし
ゴールデン・ウイークに入った初日、あまりにも
天気がいいので隣り町の公園まで散歩に行ったところ、
鮮やかな黄色の花をつけた木があった。
おもわず「幸せの黄色いハンカチか?」
イペー1

居合わせた年配のオバサンに訊くと、ペルーやブラジル
など南米が原産のイペーという木だそうだ。
あとでネットで調べてみたら、ノウゼンカズラの仲間で
英名をゴールデン・トランペット・ツリーといい、近年
鹿児島や宮崎あたりで増えているという。

この公園には数十本のイペーの木があって林を形成し、
いま黄色い花が満開となり、それはみごとなものだ。
イペー2

イペー3

近くに寄って花をよく見ると、たしかにトランペットの
口のような形をしている。
イペー4

イペー5

わが家の庭にもこんなきれいな花が咲くイペーの
木が1本欲しいなと思ったが、成長すると高さが
30mにもなるというから、ちょっとムリだな。



シニアライフランキング

田舎暮らし ブログランキングへ

この野菜、なんだろう?

2017.04.20 20:51|田舎暮らし
道の駅に立ち寄ったところ、見かけたことのない
野菜が並んでいた。
長さ50cmほどで茎はグリーン、レッド、オレンジ
とカラフル。セロリのようでセロリでない、ルバーブ
のようでルバーブでない。
アイデアル

ラベルを見ると「アイデアル」と書いてある。
店のスタッフに「これって何ですかね」と聞いても
「さぁー、何でしょうね」とクビをかしげるだけ。
レッドとオレンジの2株が1袋に入ってて120円、
と安いので、ともかく買ってみた。

家に帰ってネットで調べてみてわかった。
またの名をスイスチャード、あるいは西洋ふだん草
というそうだ。
スイスチャードとは聞いたことがある。都会暮らしの
ころスーパーでバジルやミントなどハーブ類と並んで
小さなパックに入って売られていた。
長さ10cmほどのほっそりしたものだったとおもう。
それに比べれば、だんぜんでかい。

クックパッドで食べ方を調べてみる。
サラダ、おひたし、和え物、バター炒め、など
いろいろあるようだ。
わが家では、バター炒めではカロリーが高くなる
だろうとオリーブオイルを使い、豚肉といっしょに
炒めてみた。
スイスチャード

ちょっとクセがあるが小松菜のような食感で、いける。
ビタミンAやミネラルも豊富というので、これからたびたび食べてみよう。
というより、わが家の畑でも作ってみようか。
「スイスチャード」を調べてみる

「春苦味、夏は酢の物、秋辛味、冬は油と合点して食え」
明治時代の食養医・石塚左玄の養生訓である。
冬場に貯えた脂肪分を春の苦味ある食材を食べて
デトックスせよ、という教えだ。

暖かくなってくると山菜もつぎつぎと芽を吹き、
いただきものも多くなってくる。
フキノトウ、ツクシ、タラの芽はすでに食した。
いまはタケノコ、ツワブキが旬をむかえ、ご近所
さんや親戚、元同級生たちが、もういらないよ
と言いたくなるほどつぎつぎに持ってきてくれる。
タケノコ

タケノコ2

お陰でこの時期は食材を買うことも少なくて
年金暮らしの家計にはほんとにありがたいことだ。



シニアライフランキング


田舎暮らし ブログランキングへ